コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深冷処理 しんれいしょりsub-zero treatment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深冷処理
しんれいしょり
sub-zero treatment

サブゼロ処理ともいう。高炭素あるいはオーステナイト化元素を含む合金鋼に焼入れ効果を起させるために通常の熱処理後,常温以下の低温に冷却すること。これらの鋼種の Ms ~ Mf 点 (→マルテンサイト ) が常温以下にあるために,高温から焼入れしても,高温で安定なオーステナイトがそのまま残って硬化しない。それで,ドライアイスとアセトン混合液 (-50℃) ,液体空気 (-150℃) などを使って深冷する。浸炭した鋼製品,軸受鋼などに応用される。常温に焼入れたのち時間をおくとオーステナイトが安定化する現象があるので,なるべく早く深冷しなければならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しんれいしょり【深冷処理】

焼き入れした鋼を、ドライ-アイスや液体窒素などでごく低温に冷却すること。サブゼロ処理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

深冷処理の関連キーワードサブゼロ処理超低温装置液体窒素

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android