コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深堀氏 ふかぼりうじ

世界大百科事典 第2版の解説

ふかぼりうじ【深堀氏】

上総出身の中・近世武家。平姓三浦氏の一流。平仲光が上総国深堀を所領として深堀氏を称す。仲光は鎌倉幕府御家人となり,承久の乱では幕府方として軍功をあげ恩賞を受けた。だがその子能仲は恩賞地の変更を願い,ついに1255年(建長7)肥前国彼杵(そのき)荘戸八浦(現,長崎県長崎市深堀町周辺)の地頭となった。蒙古襲来のころ同地に土着して,以後在来の領主を制圧して領主支配を発展させる。鎌倉末期より惣領制は弱体化し,南北朝期には惣領と庶子が個別に足利方として活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

深堀氏の関連情報