コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深層ウェブ シンソウウェブ

デジタル大辞泉の解説

しんそう‐ウェブ【深層ウェブ】

deep web》ウェブ上で公開されている情報のうち、通常のサーチエンジンでは検索できない情報のこと。ロボット型サーチエンジンサーチボットを使用して、膨大な数のウェブサイトを自動的に巡回してデータ収集を行うが、そこから漏れてしまうサイトに含まれる情報を指す。サーバーが動的にページを生成するウェブサイトやデータベースなどは自動収集から外されることが多い。ディープウェブ。インビジブルウェブ。→表層ウェブ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

深層ウェブ

ウェブによって提供されており,ブラウザで閲覧できるにもかかわらず,一般的な検索エンジンクローラが到達できない部分のこと.検索エンジンの索引付けにより検索が可能な「表層ウェブ」の対義語.他のウェブページからのリンクでは到達不能なページ,データベースのようにパラメータ付きクエリに対し動的に生成されるページ,スクリプトやFlashによって動的に生成されるリンクからしか到達できないページなどが含まれる.バーグマン(Michael K. Bergman)の2001年の調査によれば,深層ウェブは表層ウェブの数十倍から数百倍存在する.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

深層ウェブの関連キーワードインビジブルwebディープwebダークウェブ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android