コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深見有隣 ふかみ ありちか

2件 の用語解説(深見有隣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深見有隣 ふかみ-ありちか

1691-1773 江戸時代中期の武士,儒者。
元禄(げんろく)4年11月5日生まれ。深見玄岱(げんたい)の子。肥前長崎の人。幕臣。寄合儒者から書物奉行となり,「類聚(るいじゅ)国史」「二条家日次記(ひなみき)」を校訂した。安永2年2月15日死去。83歳。通称は新兵衛。号は右翁。名は別に但賢。著作に「大清会典和解(だいしんえてんわげ)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

深見有隣

没年:安永2.2.15(1773.3.7)
生年:元禄4.11.5(1691.12.24)
江戸時代の幕臣,翻訳・考証学方面に優れた学者。諱は但賢,のち有隣に改める。通称は松之助,久太夫,新兵衛。隠居後は右翁と号す。長崎の人。深見家は明の出身。有隣の祖父但有は長崎の大通事で,父玄岱ともども長崎と江戸を結ぶ仕事に苦心を重ねた。有隣は儒者時代の享保6(1721)年から父と5年間かけて中国清代の総合法典『大清会典』を解読し,その功績により書物奉行に抜擢された。在職三十余年の間,徳川吉宗の時代に間断なく広汎に行われた『類聚国史』『明月記』などの校訂,『二条家日次記』書写に当たる。天文の知識にも秀で,観測所詰を命じられた。『甘蔗考』などの農業技術に関する編述もある。<参考文献>森潤三郎『紅葉山文庫と書物奉行』,石村喜英『深見玄岱の研究』

(藤實久美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

深見有隣の関連キーワード北村季春北村春水前田夏蔭蔵米考証学顧炎武孔門の十哲承知の幕向山誠斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone