コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深見有隣 ふかみ ありちか

2件 の用語解説(深見有隣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深見有隣 ふかみ-ありちか

1691-1773 江戸時代中期の武士,儒者。
元禄(げんろく)4年11月5日生まれ。深見玄岱(げんたい)の子。肥前長崎の人。幕臣。寄合儒者から書物奉行となり,「類聚(るいじゅ)国史」「二条家日次記(ひなみき)」を校訂した。安永2年2月15日死去。83歳。通称は新兵衛。号は右翁。名は別に但賢。著作に「大清会典和解(だいしんえてんわげ)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

深見有隣

没年:安永2.2.15(1773.3.7)
生年:元禄4.11.5(1691.12.24)
江戸時代の幕臣,翻訳・考証学方面に優れた学者。諱は但賢,のち有隣に改める。通称は松之助,久太夫,新兵衛。隠居後は右翁と号す。長崎の人。深見家は明の出身。有隣の祖父但有は長崎の大通事で,父玄岱ともども長崎と江戸を結ぶ仕事に苦心を重ねた。有隣は儒者時代の享保6(1721)年から父と5年間かけて中国清代の総合法典『大清会典』を解読し,その功績により書物奉行に抜擢された。在職三十余年の間,徳川吉宗の時代に間断なく広汎に行われた『類聚国史』『明月記』などの校訂,『二条家日次記』書写に当たる。天文の知識にも秀で,観測所詰を命じられた。『甘蔗考』などの農業技術に関する編述もある。<参考文献>森潤三郎『紅葉山文庫と書物奉行』,石村喜英『深見玄岱の研究』

(藤實久美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

深見有隣の関連キーワード越後屋竹田出雲(2代)竹本播磨少掾深見有隣ティーク秋田蘭画蕪村七部集プガチョフの乱別子銅山抱え地

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone