混化(読み)コンカ

精選版 日本国語大辞典の解説

こん‐か ‥クヮ【混化】

〘名〙
① 混合して別のものとなること。また、まぜて一つの化合物とすること。
※政党評判記(1890)〈利光鶴松〉二「立憲自由党とは自由党、大同倶楽部愛国公党、九州同志会の四派、混化し変形せる合同体の党称にして」
② 心理学用語。同時連合の一つで、異種の感官の感覚が一つに結合すること。広義には、各種の感覚的感情その他の意識経験が結合して、一個の複合した経験を形作ること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

混化の関連情報