コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混合精神病(読み)こんごうせいしんびょう(英語表記)mixed‐psychosis

世界大百科事典 第2版の解説

こんごうせいしんびょう【混合精神病 mixed‐psychosis】

ドイツの精神医学者クレペリンによって分類された二大精神病(分裂病と躁鬱(そううつ)病)に位置づけられない疾患群に対して付与された概念。1926年にガウプ,マウツF.Mauzらによって創始された。すなわち彼らは個々の症例は体質生物学的多次元診断学の観点からみるとはっきりした限界をもつ疾患単位に分けることは不可能であり,病像,経過,予後に現れる特徴の組合せや混合があるにすぎないと主張した。なお,レオンハルトK.Leonhard,満田久敏らは混合精神病の存在には批判的で,二大精神病とは独立した精神病として非定型精神病の概念を提起している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android