コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混合酸化物燃料 こんごうさんかぶつねんりょう mixed-oxide fuel

3件 の用語解説(混合酸化物燃料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

混合酸化物燃料
こんごうさんかぶつねんりょう
mixed-oxide fuel

ウランとプルトニウムの酸化物が緊密に混合された核燃料をいう。通称 MOX (mixed oxides) と呼ばれている。混合酸化物燃料は,ウランとプルトニウムの溶液を混合して酸化物に転換し,成形加工する方法,あるいはウランとプルトニウムの酸化物を機械的に混合する方法によって製造される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

混合酸化物燃料

ウラン(U)にプルトニウム(PU)を混ぜた核燃料。使用済み核燃料を再処理して取り出した酸化プルトニウムを、ウラン濃縮工程で回収される劣化ウランの酸化物と混ぜて作る。プルトニウムの比率は5〜7%で、これが通常の濃縮ウラン核分裂するU235の代わりをする。核兵器解体で出るPUを使う場合は、その濃度を3〜5%とする。核分裂性のPU239の割合が原子炉級より高いためだ。新型転換炉高速増殖炉の燃料で、軽水炉で使うこともできる。現在の軽水炉でも、ウラン燃料の燃焼にともないプルトニウムが生成・消滅し、燃焼が進むにつれて蓄積されている。この範囲のプルトニウムによる炉心状態の変化は、設計においてすでに考慮ずみ。日本原燃は、再処理工場と同じく青森県六ヶ所村でのMOX燃料加工施設の建設を計画し、2005年4月に地元と立地協力に関する基本協定を結んだ。施設の最大加工能力は年間130tで、2012年10月操業開始を予定している。同様の施設はフランスベルギー、英国で既に稼働中だ。

(渥美好司 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こんごうさんかぶつ‐ねんりょう〔コンガフサンクワブツネンレウ〕【混合酸化物燃料】

軽水炉原子力発電で用いる酸化ウランと、これの再処理によって得た酸化プルトニウムを混合した燃料。MOX燃料

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の混合酸化物燃料の言及

【核燃料サイクル】より

…回収されたU,Puは,再度それぞれの原子炉の仕様に従った燃料形態に組み上げたのち,原子炉の中に入れられる。Puは単独で原子炉の中で用いられることはなく,Uとの混合酸化物燃料として用いられる。UとPuの混合酸化物燃料を成形・加工することはMOX(mixed oxideの略)燃料加工とよばれる。…

※「混合酸化物燃料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

混合酸化物燃料の関連キーワードアクチノイドプルトニウム兵器級プルトニウム劣化ウランMOX燃料プルトニウム爆弾ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料プルトニウム239富化度プルトニウム生産炉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

混合酸化物燃料の関連情報