コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混綿 こんめん

大辞林 第三版の解説

こんめん【混綿】

綿糸紡績の工程で、二種以上の綿花をまぜ合わせる作業。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の混綿の言及

【紡績】より

…羊毛では各種の色に染めた繊維を混合して糸を作ることが,深みのある色を出すのに必要だとされている。一般に天然繊維と化学繊維,ポリエステルとレーヨンなど異種繊維を混ぜて紡績することを混紡と呼び,産地,格付けの異なる原綿を混ぜることを混綿と呼ぶ。(11)ほかに風綿(風で舞い積もった繊維)の除去,温湿度制御などの補助的操作もある。…

※「混綿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

混綿の関連キーワード紬糸紡績紡績機械綿糸紡績紡糸開綿綿花工程梳綿

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

混綿の関連情報