コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梳綿 ソメン

デジタル大辞泉の解説

そ‐めん【×梳綿】

紡績工程で、混綿・開綿・打綿の工程を経た綿の繊維をさらに開き、細かいごみや短い繊維を除いて、太いひも状の繊維の束にすること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そめん【梳綿】

綿糸紡績の工程で、繊維をほぐして不純物を除去し、繊維を平行にそろえて篠綿しのわたに作ること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の梳綿の言及

【紡績】より

…不純物の除去も兼ねる。(3)カーディングcarding(梳綿) 繊維を鋸歯状のメタリックワイヤを巻きつけた大きなシリンダー表面に乗せ,その上にセットされたローラー表面の鋸歯状の刃先,またはキャタピラー状に連結された板に固定した針布の針先との間でくしけずり,繊維1本1本に分離しながら平行に伸ばす。シリンダー表面に浮いた短繊維は上方の歯先に移り,雑物も遠心力で上方に移りやすい(〈カード〉の項参照)。…

※「梳綿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梳綿の関連キーワードボードマー(Johann Georg Bodmer、機械技術者)ポール(Lewis Paul)カード(機械)ハーグリーブズアークライトワイアットスライバ綿糸紡績混打綿機紬糸紡績不純物綿紡績ポールコーマカード精綿綿糸平行混紡針布

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android