コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梳綿 ソメン

大辞林 第三版の解説

そめん【梳綿】

綿糸紡績の工程で、繊維をほぐして不純物を除去し、繊維を平行にそろえて篠綿しのわたに作ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の梳綿の言及

【紡績】より

…不純物の除去も兼ねる。(3)カーディングcarding(梳綿) 繊維を鋸歯状のメタリックワイヤを巻きつけた大きなシリンダー表面に乗せ,その上にセットされたローラー表面の鋸歯状の刃先,またはキャタピラー状に連結された板に固定した針布の針先との間でくしけずり,繊維1本1本に分離しながら平行に伸ばす。シリンダー表面に浮いた短繊維は上方の歯先に移り,雑物も遠心力で上方に移りやすい(〈カード〉の項参照)。…

※「梳綿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梳綿の関連情報