コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清国行政法 しんこくぎょうせいほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清国行政法
しんこくぎょうせいほう

中国,清の行政制度について記した書。台湾総督府編,6巻。 1903年に着手され,15年の索引刊行で完成した『臨時旧慣調査会第一部報告書』にあたる。行政法規,行政組織をはじめ官吏法,裁判制度,内務行政,軍務行政,財務行政にわたり,広く諸法規を史料として体系的に整理編纂しており,清時代の行政制度の研究に役立てられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんこくぎょうせいほう【清国行政法】

中国,清代の政治機構に関する包括的な研究書。全6巻7冊。索引1冊から成り,1905‐15年に刊行された。日清戦争の結果,台湾が日本の植民地となると,総督府民政長官後藤新平は台湾統治上の必要から1901年に臨時台湾旧慣調査会を発足させ,専門学者による現地旧慣の科学的調査に着手した。その主な成果が《台湾私法》とこの《清国行政法》である。同書の編纂は京都大学の行政法教授織田万に委嘱され,彼と無双の中国学者狩野直喜が委員,浅井虎夫,加藤繁,東川徳治が補助委員となって行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の清国行政法の言及

【加藤繁】より

…松江市出身。東京帝大支那史学科選科修了後,台湾旧慣調査会で《清国行政法》の編纂に従事。のち慶大,東大教授。…

【狩野直喜】より

…武内義雄,青木正児,小島祐馬,倉石武四郎,吉川幸次郎らはその弟子。著書として生前に《支那学文藪》《読書籑余》など,また遺稿を整理した《中国哲学史》《両漢学術考》《魏晋学術考》などがあり,台湾旧慣調査会編《清国行政法》も,実はその執筆である。【吉川 忠夫】。…

※「清国行政法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清国行政法の関連キーワード台湾旧慣調査報告書織田 万加藤 繁

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android