コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤繁 かとうしげし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加藤繁
かとうしげし

[生]1880.9.3. 島根,奥谷
[没]1946.3.7. 静岡,下狩野
東洋史学者。文学博士。 1906年東京大学支那史学科選科修了。台湾旧慣調査会補助委員,慶應義塾大学教授を経て,25年東京大学講師,36年教授。中国経済史を専攻。特に唐・宋時代経済史を開拓,実証的研究なった。主著『唐宋時代に於ける金銀の研究』 (1925~26) ,『支那経済史考証』 (2巻,52~53) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かとう‐しげし【加藤繁】

[1880~1949]東洋史学者。島根の生まれ。中国の経済史を研究。著「唐宋時代に於ける金銀の研究」「支那経済史考証」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

加藤繁【かとうしげし】

東洋史学者。松江の出身。東大支那史学選科卒。東大教授。周代の井田法,漢代の財政,唐・宋代の荘園などの幅広い研究で中国社会経済史研究の開拓者となった。著書《支那経済史考証》《唐宋時代に於ける金銀の研究》。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤繁 かとう-しげし

1880-1946 明治-昭和時代前期の東洋史学者。
明治13年9月3日生まれ。昭和11年母校東京帝大の教授となり,東洋史講座を担当。未開拓だった中国経済史の研究にとりくみ,昭和2年「唐宋時代に於ける金銀の研究」で学士院恩賜賞を受賞。昭和21年3月7日死去。67歳。島根県出身。旧姓は内田。著作はほかに「支那経済史考証」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かとうしげし【加藤繁】

1880‐1946(明治13‐昭和21)
中国経済史研究の先駆者。松江市出身。東京帝大支那史学科選科修了後,台湾旧慣調査会で《清国行政法》の編纂に従事。のち慶大,東大教授。主著は《唐宋時代に於ける金銀の研究》(学士院恩賜賞),没後主要論文が《支那経済史考証》2巻にまとめられた。その研究は周代の井田制,漢代の財政,唐・宋時代の荘園,市場から近代の貨幣や金融に及び中国社会経済史の基礎を築いた。【池田 温】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加藤繁
かとうしげし
(1880―1946)

東洋史学者。とくに中国経済史の開拓者として知られる。島根県松江市生まれ。1906年(明治39)東京帝国大学文科大学支那(しな)史学選科卒業。臨時台湾旧慣調査会補助委員、慶応義塾大学教授、東京帝国大学教授を歴任。主著『唐宋(そう)時代に於(お)ける金銀の研究』2冊(1925~26)は、唐・宋時代に金銀地金が貨幣的機能をもって使用された事実を、くまなく集めた関係史料に批判解釈を加えて明らかにした精密な研究で、その方法と内容とにおいて画期的業績といわれ、文学博士号を得、学士院恩賜賞を贈られた。そのほか『支那古田制の研究』『支那経済史概説』『史記平準書・漢書食貨志訳註(やくちゅう)』『旧唐書食貨志・旧五代史食貨志訳註』があり、没後門下生の編集した論文集には『支那経済史考証』2冊がある。中国社会経済史学界に与えた影響は大きい。[星 斌夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

加藤繁の関連キーワード苅萱桑門筑紫いえづと恩賜賞受賞者早教育加藤苅萱会子飛銭

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android