コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清宗・佐々連姫(読み)きよむね・さざなみひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清宗・佐々連姫 きよむね・さざなみひめ

平家落人(おちうど)伝説の主人公。
平宗盛(むねもり)の息子と,安徳天皇の侍女。平家の滅亡後,長門(ながと)(山口県)阿武(あぶ)山中にのがれ,恋仲になる。清宗は父の処刑を知り悲嘆にくれたすえ病死し,佐々連姫も後を追うように死亡する。ふたりは霊となり源氏の討っ手から落人をまもったという。阿武川流域の清宗,佐々連(さざれ),仮館などの集落に伝承がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android