清水の舞台から飛ぶ(読み)きよみずのぶたいからとぶ

精選版 日本国語大辞典「清水の舞台から飛ぶ」の解説

きよみず【清水】 の 舞台(ぶたい)から=飛(と)ぶ[=飛(と)びおりる・=落(お)ちる]

(切り立ったがけの上に設けられた京都清水寺観音堂舞台から、思いきって飛びおりるから) 死んだつもりで思いきったことをする。非常に重大な決意を固める。昔、病気をなおすためや吉凶を占うため、または、恋を成就させるために、高い所から飛びおりる風習があったという。
※俳諧・類船集(1676)土「清水の舞台(ブタイ)からとぶは、かのの説給ひし、堕落金剛山、念彼観音力、不能損一毛の(こころみ)なるべし」
滑稽本浮世風呂(1809‐13)四「エエ、何のコレ、清水(キヨミヅ)の舞台(ブタイ)から飛(トン)だと思て十二文か」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android