コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水六兵衛(初代) きよみず ろくべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水六兵衛(初代) きよみず-ろくべえ

1738-1799 江戸時代中期-後期の陶工。
元文3年生まれ。摂津島上郡(大阪府)の人。京都清水焼の陶工海老屋(えびや)清兵衛に師事。明和8年に独立し,五条坂に窯をひらく。土焼きの茶器,置物,文房具をやき,六目印をおす。作品は六兵衛風とよばれた。円山応挙,松村月渓らとまじわり,合作の品ものこした。寛政11年3月死去。62歳。姓は古藤。幼名は栗太郎。号は愚斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

清水六兵衛(初代)の関連キーワード松前広長ブラウン清水六兵衛朱楽菅江清水六兵衛ナポリ王国序曲ヘルダーリンワレンシュタイン紀上太郎

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone