コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビシャ ビシャ Bichat, Marie-François-Xavier

2件 の用語解説(ビシャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビシャ
ビシャ
Bichat, Marie-François-Xavier

[生]1771.11.11/14. ジュラ,トワレット
[没]1802.7.22. パリ
フランスの解剖学,生理学者。医家に生れ,1793年パリに遊学,外科医で解剖学者の P.ドゥソーの教えを受けた。 96年に医学競進協会を創立,解剖,生理,病理学の個人講座を始めた。 1800年にはオテル・デュー (市立病院) の医師となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビシャ
びしゃ
Marie Franois Xavier Bichat
(1771―1802)

フランスの解剖・病理学者。フランス西部トアレットの貧しい医家に生まれる。リヨンで医学を学び、短い軍医生活ののちパリに出る(1794)。オテル・ディユの外科医ドソーP. J. Desault(1738―1795)の知遇を得、『外科雑誌』の編集に携わった。ドソーの死後、友人とともに医学競進協会を設立、さらに解剖学、生理学、外科学の私塾を開いた(1796)。1799年、オテル・ディユの医員に採用され、病身を押して研究にいそしんだが、30歳の若さで生涯を終えた。『諸膜論』(1799)、『生と死の生理学的研究』(1800)、『一般解剖学』(1801)、『記述解剖学概論』(1801~1803)などの著作がある。ビシャは構造の単位としての組織を発見し、物理・化学的性状や反応の特異性に基づいて21種の組織を分類した。モルガーニが病気の座を器官に求めたのに対して、ビシャは生理・病理の担い手が組織であることを示した。[梶田 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビシャの関連キーワード11の物語ジュエリーデー11ぴきのねことぶた11ぴきのねことへんなねこ11ぴきのねこ どろんこ11ぴきのねこ ふくろのなか11区松島糸寿横山潤

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビシャの関連情報