コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビシャ Bichat, Marie-François-Xavier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビシャ
Bichat, Marie-François-Xavier

[生]1771.11.11/14. ジュラ,トワレット
[没]1802.7.22. パリ
フランスの解剖学,生理学者。医家に生れ,1793年パリに遊学,外科医で解剖学者の P.ドゥソーの教えを受けた。 96年に医学競進協会を創立,解剖,生理,病理学の個人講座を始めた。 1800年にはオテル・デュー (市立病院) の医師となった。 01年から 02年にかけての数ヵ月間に 600体の解剖を行い,顕微鏡を用いないで人体組織を体系的に研究して,組織学の基礎づくりをした。また疾病の分類に病理所見を基準におく必要性を説き,その後の医学の発展に大きな影響を与えた。主著『諸膜論』 Traité des membranes (1799) ,『一般解剖学』 Anatomie générale (1801) ,『記述解剖学』 Anatomie descriptive (03) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビシャ
びしゃ
Marie Franois Xavier Bichat
(1771―1802)

フランスの解剖・病理学者。フランス西部トアレットの貧しい医家に生まれる。リヨンで医学を学び、短い軍医生活ののちパリに出る(1794)。オテル・ディユの外科医ドソーP. J. Desault(1738―1795)の知遇を得、『外科雑誌』の編集に携わった。ドソーの死後、友人とともに医学競進協会を設立、さらに解剖学、生理学、外科学の私塾を開いた(1796)。1799年、オテル・ディユの医員に採用され、病身を押して研究にいそしんだが、30歳の若さで生涯を終えた。『諸膜論』(1799)、『生と死の生理学的研究』(1800)、『一般解剖学』(1801)、『記述解剖学概論』(1801~1803)などの著作がある。ビシャは構造の単位としての組織を発見し、物理・化学的性状や反応の特異性に基づいて21種の組織を分類した。モルガーニが病気の座を器官に求めたのに対して、ビシャは生理・病理の担い手が組織であることを示した。[梶田 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ビシャの関連キーワードウェーバー(Eduard Friedrich Wilhelm Weber)ムドラーラークシャサカモン・エヴリバディアリソン アトリービシャーカパトナムジェレミー ケンプ光ハイツ・ヴェラスビシャーカダッタ日本テクノ・ラボクサカリツボダイ札証アンビシャスシャプール1世クラウドゲートナノテックスビザガパタム11月14日アンビシャスメリオネスシカッチェエコミック

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android