コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビシャ ビシャBichat, Marie-François-Xavier

2件 の用語解説(ビシャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビシャ
ビシャ
Bichat, Marie-François-Xavier

[生]1771.11.11/14. ジュラ,トワレット
[没]1802.7.22. パリ
フランスの解剖学,生理学者。医家に生れ,1793年パリに遊学,外科医で解剖学者の P.ドゥソーの教えを受けた。 96年に医学競進協会を創立,解剖,生理,病理学の個人講座を始めた。 1800年にはオテル・デュー (市立病院) の医師となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビシャ
びしゃ
Marie Franois Xavier Bichat
(1771―1802)

フランスの解剖・病理学者。フランス西部トアレットの貧しい医家に生まれる。リヨンで医学を学び、短い軍医生活ののちパリに出る(1794)。オテル・ディユの外科医ドソーP. J. Desault(1738―1795)の知遇を得、『外科雑誌』の編集に携わった。ドソーの死後、友人とともに医学競進協会を設立、さらに解剖学、生理学、外科学の私塾を開いた(1796)。1799年、オテル・ディユの医員に採用され、病身を押して研究にいそしんだが、30歳の若さで生涯を終えた。『諸膜論』(1799)、『生と死の生理学的研究』(1800)、『一般解剖学』(1801)、『記述解剖学概論』(1801~1803)などの著作がある。ビシャは構造の単位としての組織を発見し、物理・化学的性状や反応の特異性に基づいて21種の組織を分類した。モルガーニが病気の座を器官に求めたのに対して、ビシャは生理・病理の担い手が組織であることを示した。[梶田 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ビシャの関連キーワードお蔭参り山岡浚明自伝自伝文学明和の大津波明和八重山地震津波赤川池の藻屑オーエン大鳥池

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビシャの関連情報