コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥井雅章 あすかい まさあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飛鳥井雅章 あすかい-まさあき

1611-1679 江戸時代前期の公卿(くぎょう),歌人。
慶長16年3月1日生まれ。飛鳥井雅庸(まさつね)の3男。兄雅宣(まさのぶ)(難波宗勝)の養子となり,飛鳥井家をつぐ。後水尾(ごみずのお)天皇より古今伝授をうける。宮中歌会の中心として活躍。寛政元年から10年間武家伝奏をつとめ,武家にも弟子がおおかった。従一位,権(ごんの)大納言。延宝7年10月12日死去。69歳。初名は雅昭。著作に「芳野紀行」,家集に「飛鳥井雅章卿詠草」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

飛鳥井雅章

没年:延宝7.10.12(1679.11.15)
生年:慶長16.3.1(1611.4.13)
江戸前期の公家。権大納言飛鳥井雅庸の3男。初め雅昭。寛永20(1643)年参議,慶安2(1649)年権中納言,承応1(1652)年権大納言。同3年から4年まで賀茂伝奏,寛文1(1661)年から10年まで武家伝奏と歴任し,延宝5(1677)年従一位に叙せらる。家職としての和歌に通じ,後水尾上皇から次代の中心的指導者として期待された。明暦3(1657)年には,岩倉具起,尭然法親王,道晃法親王と共に古今伝授(御所伝授)を受け,禁中における後水尾上皇の古典講釈の聞書『後水尾院御仰和歌聞書』『飛鳥井雅章卿聞書』などを残している。歌集『飛鳥井雅章三十首和歌』,歌論『詠歌金玉論』のほか『蹴鞠之記』『芳野紀行』などの著作がある。<参考文献>近世堂上和歌論集刊行会編『近世堂上和歌論集』

(母利美和)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

飛鳥井雅章 (あすかいまさあき)

生年月日:1611年3月1日
江戸時代前期の歌人;公家
1679年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

飛鳥井雅章の関連キーワード山本春正(初代)石山寺縁起絵巻石山寺縁起飛鳥井雅豊稲葉正倚坊城房子河瀬菅雄灰屋紹益生年月日住吉具慶佐野紹益望月長好本多重世北村季吟清水宗川鍋島直能川瀬菅雄堂上派衆妙集則栄

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android