コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥井雅章 あすかい まさあき

3件 の用語解説(飛鳥井雅章の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

飛鳥井雅章

江戸前期の公卿・歌人。雅庸の三男、兄雅宣の養子。初名は雅昭。従一位権大納言武家伝奏となり、後水尾天皇から古今伝授を受ける。蹴鞠・和歌及び栄雅派の書を能くした。延宝7年(1679)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飛鳥井雅章 あすかい-まさあき

1611-1679 江戸時代前期の公卿(くぎょう),歌人。
慶長16年3月1日生まれ。飛鳥井雅庸(まさつね)の3男。兄雅宣(まさのぶ)(難波宗勝)の養子となり,飛鳥井家をつぐ。後水尾(ごみずのお)天皇より古今伝授をうける。宮中歌会の中心として活躍。寛政元年から10年間武家伝奏をつとめ,武家にも弟子がおおかった。従一位,権(ごんの)大納言。延宝7年10月12日死去。69歳。初名は雅昭。著作に「芳野紀行」,家集に「飛鳥井雅章卿詠草」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

飛鳥井雅章

没年:延宝7.10.12(1679.11.15)
生年:慶長16.3.1(1611.4.13)
江戸前期の公家。権大納言飛鳥井雅庸の3男。初め雅昭。寛永20(1643)年参議,慶安2(1649)年権中納言,承応1(1652)年権大納言。同3年から4年まで賀茂伝奏,寛文1(1661)年から10年まで武家伝奏と歴任し,延宝5(1677)年従一位に叙せらる。家職としての和歌に通じ,後水尾上皇から次代の中心的指導者として期待された。明暦3(1657)年には,岩倉具起,尭然法親王,道晃法親王と共に古今伝授(御所伝授)を受け,禁中における後水尾上皇の古典講釈の聞書『後水尾院御仰和歌聞書』『飛鳥井雅章卿聞書』などを残している。歌集『飛鳥井雅章三十首和歌』,歌論『詠歌金玉論』のほか『蹴鞠之記』『芳野紀行』などの著作がある。<参考文献>近世堂上和歌論集刊行会編『近世堂上和歌論集』

(母利美和)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛鳥井雅章の関連キーワード飛鳥井雅香飛鳥井雅重飛鳥井雅威飛鳥井雅綱飛鳥井雅庸飛鳥井雅宣飛鳥井雅豊飛鳥井雅典飛鳥井雅光飛鳥井雅賢

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone