コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水珍一 しみず ちんいち

1件 の用語解説(清水珍一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水珍一 しみず-ちんいち

1793-1861 江戸時代後期の国学者。
寛政5年生まれ。17歳のときに失明し,鍼(はり)医となる。足代弘訓(あじろ-ひろのり),本居春庭(もとおり-はるにわ)らに国学をまなぶ。歌集に「漆桶(うるしおけ)集」。文久元年3月16日死去。69歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。姓は大野木とも。通称は浅七。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

清水珍一の関連キーワード国学者加藤千年三鍼那須高堅原田数子福居芳麿堀江宗彰真野可亭三木隆盛和田宗淳