コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足代弘訓 あじろ ひろのり

美術人名辞典の解説

足代弘訓

江戸後期の国学者。伊勢山田生。伊勢神宮権禰宜足代弘早の子。本姓は度会。幼名は慶二郎、のち式部、通称は権太夫、号を寛居。荒木田久老芝山持豊本居大平・春庭に学び、国史・律令・和歌・有職故実に通じ、本居学派の中心的人物となる。『国史人名部類』『文徳実録故事成語考』など、多くの著述を残す。経世の志が強く、大塩平八郎、吉田松陰らと交わった。安政3年(1856)歿、73才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

足代弘訓【あじろひろのり】

江戸末期の国学者。伊勢外宮(げぐう)の禰宜(ねぎ)の出。国学を本居春庭(もとおりはるにわ),同大平(おおひら)に,歌学を荒木田久老(ひさおゆ)に学び,有職(ゆうそく)にも通ずる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足代弘訓 あじろ-ひろのり

1785*-1856 江戸時代後期の国学者,神職。
天明4年11月26日生まれ。伊勢神社外宮(げくう)の権禰宜(ごんのねぎ)。荒木田久老(ひさおゆ),本居春庭(もとおり-はるにわ)・大平(おおひら)らにまなぶ。律令,有職(ゆうそく)故実にも通じ,古典の考証にすぐれた。天保(てんぽう)の飢饉(ききん)には私財を投じて救民につとめ,大塩平八郎とも親交があった。安政3年11月5日死去。73歳。通称は権太夫。号は寛居。編著に「日本紀人名部類」,著作に「本職平職考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

足代弘訓

没年:安政3.11.5(1856.12.2)
生年:天明4.11.26(1785.1.6)
江戸後期の国学者。幼名は慶二郎。初め式部,のち権大夫と称する。寛居は号。度会姓。伊勢外宮禰宜足代弘早と幸子の子,伊勢国山田(三重県伊勢市)生まれ。5歳で権禰宜従五位下,弘化4(1847)年には正四位上に叙爵された。父の死により17歳で家督相続。翌享和1(1801)年,賀茂真淵門下の伊勢内宮権禰宜荒木田久老に入門,早くも「神主の大和魂雄々しく一向るに我古を尊びて友の騒ぎにも紛れず,心の底ゆたかに物学びせるは,其名に負ひて世に弘く訓のおやともなりなむ」(荒木田久老「寛居の詞」)と,立志の手ごわさを注目された。文化2(1805)年からは芝山持豊に和歌を,本居大平に国学を学び,6年には本居春庭に入門。以降,神職のかたわら伊勢における本居学派の中心的人物として,多くの門人を抱え,神道,国史,語学など,師説を祖述した著をすこぶる多く書いた。経世の志も深く,天保飢饉中にものした救荒書『おろかおひ』や飢饉に取材した和歌はよく知られる。大塩平八郎とは特に親しく,大塩平八郎の乱(1837)の際に大坂へ召喚され取り調べられた。弘化2(1845)年に自著25冊を禁裏へ献上した。その自筆稿本や貼交帖などが神宮文庫に現存。<参考文献>榊原頼輔『足代弘訓』

(ロバート・キャンベル)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あじろひろのり【足代弘訓】

1784‐1856(天明4‐安政3)
江戸末期の国学者。伊勢外宮祠官。通称権太夫,号は寛居(ゆたい)。はじめ荒木田久老に師事,その没後は本居春庭・大平(おおひら)に入門し,鈴屋系の伊勢山田社中の指導者として活躍した。また京や江戸で広く天下の士と交わり,文名を挙げる一方,天保の飢饉に際しては,私財を投げうち民の救恤(きゆうじゆつ)に奔走するなどした。堅実な学風で知られ,《度会系図考証》《万葉集類語》《詞の重浪(しきなみ)》等の考証・類聚・語学に優れた業績をのこした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あじろひろのり【足代弘訓】

1784~1856) 江戸後期の国学者・歌人。伊勢外宮の神職。通称、権太夫。号、寛居ゆたい。荒木田久老・本居春庭らに師事。考証や古典の類聚編纂に努める。天保の飢饉ききんに私財を投じ窮民を救った。「日本紀人名部類」「海士あまの囀さえずり」など著書多数。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足代弘訓
あじろひろのり

[生]天明4(1784).11.26. 伊勢
[没]安政3(1856).11.5. 伊勢
江戸時代後期の国学者。豊受大神宮神官足代弘早の子。本居大平らに国学を学ぶ。大塩平八郎,吉田松陰らの儒学者や幕末の志士と親交があった。考証学を中心とした。主著『続日本紀人名部類』『寛居雑纂』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足代弘訓
あじろひろのり
(1784―1856)

江戸末期の国学者。伊勢外宮(いせげくう)の権禰宜(ごんねぎ)、弘早(ひろとし)の子。17歳で家督を相続。国学を荒木田久老(あらきだひさおゆ)、本居春庭(もとおりはるにわ)、本居大平(おおひら)に学び、上京して和歌を芝山持豊(しばやまもちとよ)(1742―1815)に、有職(ゆうそく)を竹屋光棣(たけやみつとみ)(1781―1837)に学び、江戸、大坂に出て塙保己一(はなわほきいち)、大塩平八郎らと交流した。研究は、国語・国文のほか、神道・国史に及び、考証や古典の類聚(るいじゅう)・部類に業績を残し、『日本紀人名部類』以下の国史人名部類、『万葉集類語』などの歌書部類、『大塩平八郎一件記』、歌集『海人(あま)の囀(さえずり)』など、1230部(2179冊)を著す。門下に佐々木弘綱(ささきひろつな)(1828―1891)がいる。[上野 理]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

足代弘訓 (あじろひろのり)

生年月日:1784年11月26日
江戸時代後期の国学者
1856年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

足代弘訓の関連キーワード狩谷【えき】斎国学(近世)中島太郎兵衛佐佐木弘綱佐々木弘綱足代権太夫世古格太郎渡辺政香文亭綾継生川春明白石千別松木俊章中村良顕古森厚茂生年月日半井梧庵生川正香平松楽斎近藤芳介鈴木高鞆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android