コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水礫洲 しみず れきしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水礫洲 しみず-れきしゅう

1799-1859 江戸時代後期の儒者。
寛政11年生まれ。清水赤城(せきじょう)の長男。槍術(そうじゅつ),剣術などの武術にすぐれ,沼田逸平次について伊勢(いせ)流の武家故実をおさめる。天保(てんぽう)12年(1841)から伊勢(三重県)長島藩に藩儒としてつかえた。安政6年1月18日死去。61歳。江戸出身。名は正巡。字(あざな)は士遠。別号に二薌,矮竹。著作に「ありやなしや」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清水礫洲の関連キーワード関口 隆正村田廉窩関口隆正渡辺真楫

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android