コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水礫洲 しみず れきしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水礫洲 しみず-れきしゅう

1799-1859 江戸時代後期の儒者。
寛政11年生まれ。清水赤城(せきじょう)の長男。槍術(そうじゅつ),剣術などの武術にすぐれ,沼田逸平次について伊勢(いせ)流の武家故実をおさめる。天保(てんぽう)12年(1841)から伊勢(三重県)長島藩に藩儒としてつかえた。安政6年1月18日死去。61歳。江戸出身。名は正巡。字(あざな)は士遠。別号に二薌,矮竹。著作に「ありやなしや」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

清水礫洲の関連キーワードブラウンブラウンブラウン(Charles Brockden Brown)ビラフランカの和議余計者光の科学史ワレンシュタイン序曲ヘルダーリンワレンシュタイン

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone