コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水赤城 しみず せきじょう

2件 の用語解説(清水赤城の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水赤城 しみず-せきじょう

1766-1848 江戸時代中期-後期の兵法家。
明和3年生まれ。清水礫洲(れきしゅう),大橋訥庵(とつあん)の父。江戸で儒学,兵学,天文暦算,剣法をおさめる。諸流派の砲術を研究して「火砲要録」をあらわし,諸藩で指導。蒲生(がもう)君平,藤田幽谷,滝沢馬琴らと交遊した。嘉永(かえい)元年5月10日死去。83歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。名は正徳。字(あざな)は俊平。通称は俊蔵。別号に淡庵,虚舟など。著作に「兵要録講義」「淡庵詩抄」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

清水赤城

没年:嘉永1.5.10(1848.6.10)
生年:明和3(1766)
幕末の儒者,兵学者。上野国群馬郡(高崎市)生まれ。諱は正徳。字を俊平。通称を俊蔵。淡菴,虚舟,正気堂とも号した。9歳のとき医師である父謙山に伴われて江戸に出て儒学を修めた。特に武術,兵学を好み,長沼流兵学を島田正脩,和合猶水に就いて学び,天文暦算を本多利明から教えられ,さらに剣,槍,砲などの諸武芸を学ぶ。文化3(1806)年ロシアによるエトロフ攻撃に刺激を受け,星山流,南蛮流,自得流などの砲術を研究,これに中国,オランダの砲術を取捨し『火砲要録』9巻を著した。しかし,晩年はオランダ砲術の勃興期に当たり,形式化していた和流砲術は急速に権威を失う。滝沢馬琴ら文人とも交友があった。長男礫州は随筆『ありやなしや』の著者。4男は大橋訥庵。

(所荘吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水赤城の関連キーワード岩鼻上野三碑高崎市厩橋内海釣経小島文次郎斎藤宜長佐藤三喜蔵三家家刀自吉田友直

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone