コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水竜山 しみず りゅうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水竜山 しみず-りゅうざん

1870-1943 大正-昭和時代前期の僧,仏教学者。
明治3年1月15日生まれ。祖山学院などでまなび,比叡(ひえい)山で天台学を研究。明治37年日蓮宗大学林(現立正大)教授,千葉の日本寺住職。昭和4年立正大学長。近代日蓮教学の形成に寄与した。昭和18年1月8日死去。74歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。法名日淵。号は玄宗院。著作に「偽日蓮義真日蓮義」「本門本尊論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清水竜山の関連キーワードレジスタンス文学太平洋戦争育英制度マキノ雅広普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史アメリカ美術空手

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android