コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清華家 せいがけ

6件 の用語解説(清華家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清華家
せいがけ

華族 (かしょく) ,英雄家ともいう。公家の名門。摂関家に次ぎ,太政大臣を極官とし,大臣,大将を兼ねる家。久我 (こが) ,花山院,転法輪三条,西園寺,徳大寺,大炊御門 (おおいのみかど) ,今出川 (菊亭) の7家。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいが‐け〔セイグワ‐〕【清華家】

公家の家格の一。摂関家に次いで大臣家の上に位し、大臣大将を兼ねて太政大臣になることのできる家柄。久我(こが)・三条西園寺(さいおんじ)・徳大寺・花山院・大炊御門(おおいみかど)・今出川(菊亭)の七家。のちに、広幡・醍醐を加えて九清華となった。清華。華族。英雄家。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

清華家【せいがけ】

英雄家,華族とも。摂関家に次ぐ公卿(くぎょう)の家格。太政大臣を先途とし,大臣・大将を兼ねる家柄。三条(転法輪)・菊亭(今出川)・大炊御門(おおいみかど)・花山院・徳大寺・西園寺・久我(こが)の7家で,のちに広幡(ひろはた)・醍醐の2家を加えて九清華といった。
→関連項目華族久我家西園寺家門跡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいがけ【清華家】

公家の家格の一つ。摂関家につぎ,大臣家の上にあって,近衛大将を経て,太政大臣に昇進できる家柄。また,華族,英雄家などともいう。家格は平安時代末から徐々に形成され,鎌倉時代にほぼ固定して七清華といわれた。すなわち三条家(俗称,転法輪)をはじめ,西園寺家およびその分流の今出川(菊亭)家徳大寺家(以上,閑院家流),また花山院家および大炊御門(おおいみかど)家(以上,花山院流)の藤原氏北家の流れをくむ6家に,源氏の久我(こが)家を加えた7家をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいがけ【清華家】

公卿の家格の一。摂関家に次ぎ大臣家の上に位する家柄。大臣・大将を兼ね、太政大臣にのぼることができる。転法輪三条・今出川・大炊御門・花山院・徳大寺・西園寺・久我こがの七家。のちに醍醐・広幡を加え九清華という。英雄家。華族。清華。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清華家
せいがけ

五摂家(ごせっけ)に次ぐ公家(くげ)の家柄の称。清花とも書き、花族、華族、英雄家などともいう。古くは中国の『北史』にみえて、六朝(りくちょう)時代の名高い家柄を清華と称した。日本での早い例は『江家次第(ごうけしだい)』で、石清水(いわしみず)臨時祭の舞人の注に「殿上四位、用清花人」(殿上(てんじょう)の四位、清花の人を用ふ)とあり、『平治物語』『平家物語』などにも散見する。貴い家柄の意で、大臣を極官とする。村上源氏の久我(こが)、藤原氏閑院(かんいん)流の三条(さんじょう)(転法輪(てんぽうりん))・西園寺(さいおんじ)・徳大寺(とくだいじ)、摂家から分かれた花山院(かざんいん)・大炊御門(おおいみかど)、西園寺の分家である今出川(いまでがわ)(菊亭(きくてい))の7家を七(しち)清華といい、のち源氏の広幡(ひろはた)、摂家の分家醍醐(だいご)の2家を加えて9家となった。官歴は、童形(どうぎょう)のとき叙爵(従(じゅ)五位下(げ))して侍従に任ぜられ、従四位下のとき元服・昇殿を許されて正(しょう)四位下に進み、近衛権少将(このえごんのしょうしょう)を経て権中将・従三位(さんみ)となる。これがいわゆる三位中将で、ついで参議を経ずに権中納言(ちゅうなごん)に任ぜられ正二位まで進み、権大納言となり近衛大将を兼任、その後、内大臣、右大臣、左大臣を経て太政(だいじょう)大臣を極官とした。しかし後世、左右大臣は摂家の回り持ちとなり、内大臣以上にはほとんど任ぜられなかった。[菊池紳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清華家の関連キーワード大番舎人西園寺家北家家の風三大臣家大臣家公家領藤原家忠源季兼下毛野氏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清華家の関連情報