清鑑(読み)セイカン

デジタル大辞泉の解説

他人の鑑識のすぐれていることを敬っていう語。自分の詩文・書画などを人に見てもらうときなどに使う。「御清鑑を仰ぎたく」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 みわけのすぐれていること。他人の鑑識のすぐれていることを敬っていう語。自分の作品を人に見てもらうときなどに使う。
※歌仙(1952)〈石川淳〉「さいはひに諸君の清鑒(セイカン)にかなふことをえたとすれば」 〔杜甫‐洗兵行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android