コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋川栄承 しぶかわ えいしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋川栄承 しぶかわ-えいしょう

1827-1866 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政10年生まれ。豊前(ぶぜん)英彦(ひこ)山の修験(しゅげん)。年番奉行のとき,一山の僧とともに萩(はぎ)藩に呼応して挙兵を計画。文久3年(1863)小倉藩に捕らえられる。入牢中に第2次幕長戦争がおこり,慶応2年8月1日,敗走する小倉藩士に同志とともにきられた。40歳。豊前出身。通称は義俊坊順道。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

渋川栄承

没年:慶応2.8.1(1866.9.9)
生年文政10(1827)
幕末の豊前英彦山(福岡,大分県)の修験僧。長州(萩)藩尊攘運動に同調,文久3(1863)年小倉藩兵に捕らえられ獄につながれる。第2次長州征討下,長州藩の攻撃を受け小倉落城のとき,政所有緜ら5名の同志と共に獄中で殺された。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

渋川栄承の関連キーワード城島公茂運動家没年