コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋江保 しぶえ たもつ

2件 の用語解説(渋江保の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋江保 しぶえ-たもつ

1857-1930 明治-大正時代の小説家,翻訳家。
安政4年7月26日生まれ。渋江抽斎(ちゅうさい)の3男。愛知中学校長,博文館勤務ののち,羽化仙史ほか三つの筆名で「月世界探険」などの怪奇・冒険小説を発表。のち宇宙霊気や動物磁気,心霊学,催眠術に関する書物の翻訳や著述にあたった。昭和5年4月7日死去。74歳。江戸出身。慶応義塾卒。本名は成善(しげよし)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

渋江保

没年:昭和5.4.7(1930)
生年:安政4.7.26(1857.9.14)
翻訳・著述家,心霊研究家。江戸本所に,渋江抽斎と五百の次男として生まれ,名を成善といった。高等師範学校,慶応義塾卒。浜松中学校教頭,愛知中学校長,慶応義塾の教師となる。明治23(1890)年より,翻訳・著述業に専念する。ウィーンの医師メスマー動物磁気説(メスメリズム)や催眠術,心霊学に関心を抱き,スウェーデン精神医学教授,ジョーンスツロム著『催眠術』の翻訳をはじめとして,多くの催眠術や心霊学の書物を翻訳,著述した。森鴎外が『渋江抽斎』を執筆する際には,資料を提供して助力を惜しまなかった。<著作>『人身磁力催眠術』<参考文献>森鴎外『渋江抽斎』

(川村邦光)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渋江保の関連キーワード桃亭柿人無銭法師ポルターガイスト守護霊サイキックス著述家心霊論小田義久福来友吉籬菊丸

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone