コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺啓助 わたなべ けいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺啓助 わたなべ-けいすけ

1901-2002 昭和-平成時代の推理作家。
明治34年1月10日生まれ。渡辺温の兄。昭和4年岡田時彦の名で「新青年」に「偽眼のマドンナ」をかき,耽美的な作風で注目される。17年冒険小説「オルドスの鷹」で直木賞候補。戦後は「鮮血洋灯」「海,陸,空,のなぞ」「聖悪魔」などを発表。35年から38年まで日本探偵作家クラブ(現日本推理作家協会)会長。平成14年1月19日死去。101歳。秋田県出身。九州帝大卒。本名は圭介。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

渡辺啓助の関連キーワード[各個指定]芸能部門ゴールドスミス(Jerry Goldsmith)科学技術[各個指定]工芸技術部門安野光雅ムン ソリシカゴ・ホワイトソックスヨーロッパサッカー会田誠エンロン

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android