コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺華石 わたなべ かせき

2件 の用語解説(渡辺華石の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

渡辺華石

日本画家。名古屋生。名は静雄、字は規道、別号に棲碧山房主人・寄春草堂等、本姓は小川氏。張月樵の子月載・森高雅等に師事する。のち渡辺崋山の子小華のもとで学び、その後をつぐ。唐宋の画法に通じ、崋山に関する研究でも知られる。昭和5年(1930)歿、79才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺華石 わたなべ-かせき

1852-1930 明治-昭和時代前期の日本画家。
嘉永(かえい)5年10月生まれ。渡辺崋山の次男小華にまなび,その死後,渡辺家をつぐ。山水人物画を得意とした。昭和5年11月6日死去。79歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。旧姓は小川。名は静雄。字(あざな)は規道。編著に「崋山画談」「崋山真蹟(しんせき)」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

渡辺華石の関連キーワード木南正宣古賀愛子佐々木文一鈴木圭二竹内類治辻暎角田竹涼藤堂高成中御門経隆山崎貞

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone