渡金(読み)わたしがね

精選版 日本国語大辞典の解説

わたし‐がね【渡金】

〘名〙
① 耳盥(みみだらい)の上にかけ渡して、鉄漿(はぐろめ)の具をのせる銅または真鍮の板。渡し。
※御伽草子・猿の草子(室町末)「京、さかいの町屋へあつらへける道具には〈略〉はんざう、くし箱、わたしがね」
② 火の上にかけ渡して、魚肉などをあぶるのに用いる鉄製格子状の網。鉄灸(てっきゅう)
※俳諧・難波草(1671)「わたしかねに火花ちらすや桜鯛」
③ 枡(ます)の上に斜めにかけ渡した鉄線。つる。
※成形図説(1804‐06)一四「梁(つる) 亦弦の字を用ふ、俗云渡金(ワタシガネ)量の角懸けて互したる鉄梁なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報