成形図説(読み)せいけいずせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薩摩藩主島津重豪の命によって曾槃 (そうはん) らが編纂したもの。享和年間 (1801~04) より 30年間にわたって,農政経済,本草,博物など,和漢洋の資料を駆使して,120巻に及ぶ叢書を作りあげた。文化1 (1804) 年 30巻まで刊行されたが,中絶されている。この 30巻は 1932年にも再刊

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

島津重豪(しげひで)が曾槃(そうはん),白尾国柱らに命じて勧農・救餓済急のために編纂させた農書。内容は農事五穀蔬菜,薬草,草木,鳥類などにわたる100巻の大著で,各事項の説明には和・・オランダ語の名称をあげている。オランダ語は堀愛生の訳。曾槃は1793年(寛政5)命をうけ,1804年(文化1)農事部14巻,五穀部6巻,蔬菜部10巻を出版したが,06年3月江戸の高輪薩摩藩邸の火事で,草稿版木等が焼亡した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸時代の代表的な農書の一つ。薩摩(さつま)藩主島津重豪(しげひで)(1745―1833)が数多くの書物編纂(へんさん)事業の一環としてつくらせたもので、医師・蘭(らん)学者の曽槃(そうはん)と国学者の白尾国柱(しらおくにはしら)の2人が実際の著述にあたった。曽槃はこの著のほかにも多くの本草(ほんぞう)書を著している。

 本書の内容は、農事、五穀、蔬菜(そさい)、薬草、樹竹などの各部門に分けられ、初め全100巻の計画で原稿がまとめられたが、完成直後に火災のため焼失し、のち1831年(天保2)になって30巻が復刻された。各作物に関する記述は詳細であり、図版も正確で、当時の類書中で卓越したものの一つであり、それだけに70巻が失われたことが惜しまれる。なお図版はたいていの刊本が黒白刷りであるが、ごく少部数だけ彩色刷りの特製本が発見されている。これは将軍家や有力大名家への贈呈用であったと推定される。

[筑波常治]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版の解説

江戸後期,薩摩藩主島津重豪 (しげひで) が,清から渡来した曽槃 (そうはん) らに命じて編集させた農書
120巻。1801年ころより30年にわたり巨費をかけてつくられ,和漢洋にわたる資料を用いて農政経済・本草・博物など多方面にわたり類別図解した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android