コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳盥 ミミダライ

3件 の用語解説(耳盥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みみ‐だらい〔‐だらひ〕【耳×盥】

左右に耳状の取っ手のついた小形のたらい。多く漆器で、鉄漿付(かねつ)けの際、口をすすぐのに用いた。→角盥(つのだらい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みみだらい【耳盥】

左右に耳状の柄のついている盥。多く漆器で、口をすすぎ手を洗うのに用いた。 → 角盥つのだらい

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

耳盥
みみだらい

盥の一種。角(つの)盥と同様のもので、把手(とって)の角の部分が耳の形に似ているところからいうようになり、角盥に比べて小ぶりなものが多い。婚礼調度の化粧具の一つ、また歯黒道具の一つである。附子(ぶし)と鉄汁の歯黒汁で鉄漿(かね)筆によって歯を黒く染めるとき、この耳盥の上に金銅板の渡(わた)し金(かね)とよぶ細長い板を渡し、その上に歯黒汁を入れた容器をのせ、うがい茶碗(ぢゃわん)の湯水で口をうがいするのに耳盥を用いる。木製に漆を塗り、耳の部分を金銅板で装飾するのが多い。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の耳盥の言及

【盥】より

…角は持ち運ぶときの把手であると同時に,手水を使うときここに袖をかけて濡れるのを防いだという。近世になると耳盥となる。これは角盥よりやや小型で,左右に半月形の把手がついている。…

※「耳盥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

耳盥の関連キーワード小夜着耳坏角盥手桶手瓶手ランプ和布蕪双耳壺取っ手両手鍋

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

耳盥の関連情報