コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渤海油田群 ぼっかいゆでんぐん

1件 の用語解説(渤海油田群の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼっかいゆでんぐん【渤海油田群】

渤海沿岸および渤海内に存在する油田の総称。渤海は華北堆積盆地の北部に位置し,本盆地内には勝利,遼河,大港,華北,中原等の油田が分布する。渤海における石油の探鉱は1960年に中国が独自に着手し,80年までに56坑の試探掘井を掘削し,埕北,海四等の3油田を発見した。80年以降は日本,フランスが中国との合作によって16坑の試探掘を行った。日中石油開発(株)は試掘井8坑を掘削,うち5坑成功,探掘井4坑を掘削,うち3坑が成功という成果を収めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

渤海油田群の関連キーワード頸城油田黄海実存渤海楽八橋油田油田出雲節新津油田渤海湾腸内ガス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone