コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遼河 りょうが

6件 の用語解説(遼河の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遼河
りょうが

「リヤオ (遼) 河」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りょう‐が〔レウ‐〕【遼河】

中国、遼寧省を流れる川。大興安嶺に源を発するシャルモン川とラオハ川とが合流して西遼河となり、吉林省の丘陵を源とする東遼河を合わせて南流し、営口付近で渤海(ぼっかい)に注ぐ。長さ1430キロ。リアオホー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

遼河【りょうが】

中国,東北地区南部の河川。全長約1390km。流域面積約22万8960km2。東遼河は吉林省中南部に,シラムレン川(西遼河)は遼寧省北西部に発源し,遼寧省昌図県古楡樹付近で合流後,遼河と名を変える。
→関連項目遼寧[省]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りょうが【遼河 Liáo hé】

中国,東北地区南部の大河。東北平原の南半はその流域の大部分にあたるので遼河平原ともいわれる。上流は東遼河と西遼河の2源に分かれる。東遼河は吉林省東遼県薩哈嶺に発源し,西遼河の上流はさらに二つに分かれ,北源のシラムレン(西拉木倫)河は内モンゴル自治区克什克騰旗南西の白岔山から流れ出ており,南源の老哈河は河北省平泉県の光頭山に源を発する。東遼河と西遼河とは遼寧省昌図県古楡樹付近で合流するが,これより下流がはじめて遼河と称せられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りょうが【遼河】

中国、東北地方南部を南流する河川。大興安嶺の南端に発する西遼河と吉林省の丘陵に発する東遼河とが、遼寧省北端付近で合流して遼河となり、渤海ぼつかいに注ぐ。長さ1430キロメートル。遼水。リアオ-ホー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遼河
りょうが / リヤオホー

中国、東北地区南部を流れる大河。全長1430キロメートル。流域面積19万2000平方キロメートル。源流は東西二つあり、東遼河、西遼河とよばれる。東遼河は吉林(きつりん/チーリン)省遼源(りょうげん)市の哈達嶺(はたれい)に発し、西遼河はさらに源流が南北の二つに分かれ、北源のシャルモロン川は内モンゴル自治区東部ヘシグテン旗(県級行政区)南西の白岔(はくた)山に発源し、主流である南源のラオハ河は河北省平泉の光頭山に源を発する。南北の両源流は内モンゴル自治区の開魯(かいろ)東方で合流して西遼河となり、通遼を経て東流する。双遼より南下し、遼寧(りょうねい/リヤオニン)省昌図(しょうと)県古楡樹(こゆじゅ)付近で東遼河と合流、ここから遼河とよばれる。遼河はさらに南下して鉄嶺(てつれい)を経て南西に流れ、新民を通過し遼中の六間房(ろくかんぼう)付近に至る。以前はここから南流し営口(えいこう/インコウ)付近で海に流出していたが、1958年の改修により、現在は西方の盤山を経て双台子(そうだいし)河の河道を通り海に注いでいる。ただし撫順(ぶじゅん/フーシュン)を経て流下する渾河(こんが)と本渓(ほんけい/ペンシー)を経て西流する太子河の二大支流は、いまも遼河の旧河道を流れ営口で海に注ぐ。河道が屈曲し含泥量が多く流量の変化が激しいので、解放前はよく水害を起こしたが、改修されて水害はほぼ解消した。本・支流とも多くのダムが建設されている。冬季には4か月間凍結する。六間房より下流は舟運に利用され、また下流部に遼河油田がある。河口部の盤山と錦州(きんしゅう/チンチョウ)の間は排水工事が完成し開墾が進んでいる(盤錦墾区)。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遼河の関連キーワード華北平原滝野川東北平原嫩江満州北京東北弁北東北南東北遼寧[省]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遼河の関連情報