コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渦位の保存則 うずいのほぞんそくconservation law of potential vorticity

海の事典の解説

渦位の保存則

大気・海洋の運動で、傾圧構造、したがって渦度の水平成分と摩擦が無視できるとき、流れは渦位を一定に保つように起こる。これを渦位の保存則という。高さhの 鉛直流体柱の持つ相対渦度をζ、コリオリの因数をfとすると、渦位は(ζ+f)/hで与えられるが、相対渦度 が小さければ、f/hが一定な線に沿って運動が起こる。hが一定なら東西流が卓越し(fは緯度の関数)、fが 変化が小さければ、海流は等深線に沿う傾向を持つ。 (永田

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android