コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渦位の保存則 うずいのほぞんそく conservation law of potential vorticity

1件 の用語解説(渦位の保存則の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

渦位の保存則

大気・海洋の運動で、傾圧構造、したがって渦度の水平成分と摩擦が無視できるとき、流れは渦位を一定に保つように起こる。これを渦位の保存則という。高さhの 鉛直流体柱の持つ相対渦度をζ、コリオリの因数をfとすると、渦位は(ζ+f)/hで与えられるが、相対渦度 が小さければ、f/hが一定な線に沿って運動が起こる。hが一定なら東西流が卓越し(fは緯度の関数)、fが 変化が小さければ、海流は等深線に沿う傾向を持つ。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渦位の保存則の関連キーワード海洋海洋学海洋観測造陸運動移流旗手従って海洋の酸性化

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone