コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温暖化対策税 おんだんかたいさくぜい climate change tax

1件 の用語解説(温暖化対策税の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

温暖化対策税

環境税の1つで、地球温暖化の主因となる二酸化炭素の排出を抑制するため、石油、石炭など化石燃料の販売や消費に対して、炭素含有分などに応じて課税するもの。汚染者負担原則を環境政策の中心に据える欧州では、北欧諸国とオランダが1990年代初めに導入。99年にはドイツイタリアが低率の炭素税的な環境税を導入し、英国も2001年から導入。日本でも、政府税制調査会が03年の中期答申で触れたほか、中央環境審議会も目的税的な炭素税の答申(03年)を行うなど、温暖化対策の決め手として炭素税への機運は高いが、日本経団連などは反対姿勢。道路特定財源石油石炭税を環境使途に振り向けるかたちで環境税の実現を図るべきとの声もある。

(飯田哲也 環境エネルギー政策研究所所長 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

温暖化対策税の関連キーワード炭素税気候変動枠組条約地球温暖化防止条約温暖化森林のもつ多面的機能地球温暖化防止森林吸収源10ヶ年対策IPCC報告書温室効果ガスと県の温暖化防止対策民主党の脱地球温暖化戦略真鍋淑郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

温暖化対策税の関連情報