コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温石 オンジャク

デジタル大辞泉の解説

おん‐じゃく〔ヲン‐〕【温石】

などを焼いて布などに包み、懐に入れたりしてからだをあたためるもの。焼き石 冬》「草庵に―の暖唯一つ/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんじゃく【温石】

焼いた石を綿などで包んだもの。冬、体を暖めるのに使った。焼き石。 [季] 冬。 《 草庵の-の暖唯一つ /虚子 》
〔温石をぼろ切れに包んで用いたことから〕 ぼろを着ている人をあざけっていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温石
おんじゃく

体を暖める用具。蛇紋石(じゃもんせき)などを温め、布や綿に包み、懐(ふところ)に入れる。軽石や滑石(かっせき)などを火で焼いたり、こんにゃくを煮て、代用品にしたりした。「薬用に用いる、ある種の青い滑らかな小石」(『日葡(にっぽ)辞書』)、「夏の温石と傾城の心とは冷たい」(『譬喩尽(ひゆづくし)』3)などといわれた。塩(しお)温石、焼石などとともに俳諧(はいかい)の冬の季語である。「温石のあかるる夜半やはつ桜」(『続猿蓑(さるみの)』、露沾(ろせん))「草奄(そうあん)に温石の暖唯(ただ)一つ」(高浜虚子)。転じてぼろ裂(ぎれ)に包むところから、粗末な服装をあざける言葉ともなっている。[岡田袈裟男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の温石の言及

【懐炉】より

…医学上一種の熱罨法(ねつあんぽう)として腹痛,神経痛などにも利用される。古くは焼石や温石(おんじやく)などが使われていたが,元禄(1688‐1704)初めころ保温力の強いイヌタデやナスの茎などの灰(懐炉灰)に点火し金属性容器に密閉して燃焼させる懐炉が発明された。近代になると懐炉灰は桐灰,麻殻灰,ゴマ殻灰,わら灰,ヨモギ灰などに助燃剤を加えて紙袋に詰めたものに改良された。…

※「温石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

温石の関連キーワード茶道/茶事用語クリソタイルアスベスト日本料理トパーズ蛇紋岩民具石英懐炉懐石草庵薬石石綿焼石

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android