温胆湯(読み)うんたんとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

うんたんとう【温胆湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)半夏(はんげ)茯苓(ぶくりょう)陳皮(ちんぴ)竹筎(ちくじょ)枳実(きじつ)甘草(かんぞう)生姜(しょうきょう)酸棗仁(さんそうにん)大棗(たいそう)などを含む。唐(とう)代の医学書『備急千金要方(びきゅうせんきんようほう)』などに処方が示されている。不眠症神経症自律神経失調症などに用い、めまい、いらいらする、動悸(どうき)といった症状をともなっているとき、とくに有効とされる。比較的体力の弱っている人、胃腸の弱い人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android