コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茯苓 ブクリョウ

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ぶくりょう【茯苓】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。サルノコシカケ科マツホド菌核(きんかく)を乾燥したもの。マツの根に寄生するキノコで、健胃利尿強心などの作用がある。胃炎胃アトニー消化不良に効く茯苓飲(いん)胃下垂胃拡張、消化不良に効く六君子湯(りっくんしとう)、胃腸が弱い人の気管支炎気管支喘息(ぜんそく)に効く苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)などに含まれている。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶくりょう【茯苓】

主としてマツ類の根につくブクリョウタケの菌核で,重要な漢方薬とされる。またマツの根の通ったものは茯神(ぶくしん)の名で区別されている。多糖類パキマンpachyman,ステロイド,エルゴステロール,トリテルペノイドなどを含む。他の生薬と配合して,あらゆる泌尿器系統の炎症,利尿,下痢,慢性胃炎および慢性衰弱性疾患の滋養に用いられる。【新田 あや】 ブクリョウタケPoria cocos (Fr.) Wolfは担子菌類ヒダナシタケ類サルノコシカケ科のキノコで,薬用にされる菌核の部分はかつてはPachyma hoelen Rumph.とよばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶくりょう【茯苓】

担子菌類サルノコシカケ科のきのこの菌核。きのこが松の根に寄生して形成する。球形で表面は暗褐色、内は白色。漢方で、利尿・鎮痛・鎮静などに用いる。まつほど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

茯苓 (ブクリョウ)

学名:Polyporus umbellatus
植物。サルノコシカケ科の担子菌類,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

茯苓の関連キーワード柴胡加竜骨牡蠣湯抑肝散加陳皮半夏小半夏加茯苓湯桂枝加苓朮附湯半夏白朮天麻湯滋陰至宝湯半夏厚朴湯十全大補湯牛車腎気丸九味檳榔湯苓姜朮甘湯苓桂朮甘湯加味帰脾湯十味敗毒湯清心蓮子飲加味逍遙散疎経活血湯藿香正気散竹筎温胆湯当帰芍薬散

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茯苓の関連情報