コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹筎 ちくじょ

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ちくじょ【竹筎】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。イネ科ハチクなどの幹の上皮をはぎとった下層部を薄く削ったもの。解熱鎮咳(ちんがい)鎮静消炎などの作用がある。不眠症自律神経失調症に効く温胆湯(うんたんとう)、慢性化した咳(せき)に効く清肺湯(せいはいとう)風邪(かぜ)気管支炎が長引いた症状に効く竹筎温胆湯などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

竹筎の関連キーワード上皮

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android