コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹筎 ちくじょ

1件 の用語解説(竹筎の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ちくじょ【竹筎】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。イネ科ハチクなどの幹の上皮をはぎとった下層部を薄く削ったもの。解熱鎮咳(ちんがい)鎮静消炎などの作用がある。不眠症自律神経失調症に効く温胆湯(うんたんとう)、慢性化した咳(せき)に効く清肺湯(せいはいとう)風邪(かぜ)気管支炎が長引いた症状に効く竹筎温胆湯などに含まれる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹筎の関連キーワード漢方薬烏薬薬酒酒薬草根木皮草薬方薬和薬処方薬伝統薬

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone