コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳皮 チンピ

百科事典マイペディアの解説

陳皮【ちんぴ】

漢方薬。ウンシュウミカンの成熟果皮を乾燥したもの。成分はリモネン,配糖体ヘスペリジンなどで,芳香性健胃・鎮咳(ちんがい)薬として用いる。果皮の新鮮なものを橘皮(きっぴ)と称して陳皮と区別することがあり,未熟果皮を乾燥したものは青皮という。
→関連項目五香粉反魂丹

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちんぴ【陳皮】

ミカンの成熟果皮を乾燥させた生薬。リモネンを主成分とする精油・ビタミン類を含有し、鎮咳・去痰きよたん・発汗・健胃薬として用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陳皮
ちんぴ

温州(うんしゅう)ミカンの果皮を乾燥して粉にしたもの。橘皮(きっぴ)ともいう。柑橘(かんきつ)類の皮特有の芳香とテルペン特有の苦味がある。昔から漢方薬として利尿剤、咳(せき)止め薬として重用されてきたが、香辛料としては七味唐辛子の一成分に使われるほか、カレー粉にも混ぜられることがある。[齋藤 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の陳皮の言及

【かんきつ類(柑橘類)】より


[利用]
 古く,ローマではシトロンを衣服の虫よけ,煎じて解毒などの薬用にしている。中国でかんきつ類の果皮は陳皮として古くから薬用にされていた。日本でも古くから生薬として,凍傷,外傷,風邪,解熱,神経痛などに用いられてきた。…

【中国料理】より

…甘いデザートの味付けにも使う。 陳皮ミカンの皮を干したもの。肉と鳥の醬油煮に入れたり,五香粉の一味として使われる。…

※「陳皮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

陳皮の関連キーワードミカンの皮「陳皮」抑肝散加陳皮半夏バブ 濃厚炭酸湯半夏白朮天麻湯竹筎温胆湯清暑益気湯滋陰至宝湯芎帰調血飲七味唐辛子人参養栄湯補中益気湯ビタミン類滋陰降火湯疎経活血湯藿香正気散竹葉青酒六君子湯結解料理五加皮酒釣藤散

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陳皮の関連情報