陳皮(読み)チンピ

百科事典マイペディアの解説

陳皮【ちんぴ】

漢方薬。ウンシュウミカンの成熟果皮を乾燥したもの。成分はリモネン,配糖体ヘスペリジンなどで,芳香性健胃・鎮咳(ちんがい)薬として用いる。果皮の新鮮なものを橘皮(きっぴ)と称して陳皮と区別することがあり,未熟果皮を乾燥したものは青皮という。
→関連項目五香粉反魂丹

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちんぴ【陳皮】

ミカンの成熟果皮を乾燥させた生薬。リモネンを主成分とする精油・ビタミン類を含有し、鎮咳・去痰きよたん・発汗・健胃薬として用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陳皮
ちんぴ

温州(うんしゅう)ミカンの果皮を乾燥して粉にしたもの。橘皮(きっぴ)ともいう。柑橘(かんきつ)類の皮特有の芳香とテルペン特有の苦味がある。昔から漢方薬として利尿剤、咳(せき)止め薬として重用されてきたが、香辛料としては七味唐辛子の一成分に使われるほか、カレー粉にも混ぜられることがある。[齋藤 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちん‐ぴ【陳皮】

〘名〙 生薬の一種。ミカンの黄熟した果皮で、芳香性で苦味がある。健胃・鎮咳・去痰剤として用いる。
※桂川地蔵記(1416)上「薬種総雖万端、今少々言之、先〈略〉虎胆、五味子、陳皮」
[語誌](1)生薬としての橘柚は「本草」木部上品に載せられ、その皮には解熱・鎮咳等の効能があり、「陳(ふる)い皮」の薬効が優れていると認められていた。日本では「重訂本草綱目啓蒙」で、まだ黄色く熟していない「青皮」と対比されている。
(2)「橘〈俗云蜜柑〉」〔和爾雅‐六〕とあるように、橘柚の品種改良に伴って「陳皮」の原料も廉価となり、最も使い易く安価な漢方薬とみなされていたことが、「下手医者は、陳皮甘草抔を集め候て病をいやし候半」〔徂来先生問答書‐中〕などの記述から知られる。
(3)「本草」に記されている健胃・鎮咳・除痰・発汗等の効能の他に、「ぢんのくすりとて、ちんひかんきょう」〔天理本狂言・煎物〕のように腎虚に効くという俗説もあった。

ちん‐ぴん【陳皮】

〘名〙 「ちんぴ(陳皮)」の変化した語。〔浮世鏡(1688)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の陳皮の言及

【かんきつ類(柑橘類)】より


[利用]
 古く,ローマではシトロンを衣服の虫よけ,煎じて解毒などの薬用にしている。中国でかんきつ類の果皮は陳皮として古くから薬用にされていた。日本でも古くから生薬として,凍傷,外傷,風邪,解熱,神経痛などに用いられてきた。…

【中国料理】より

…甘いデザートの味付けにも使う。 陳皮ミカンの皮を干したもの。肉と鳥の醬油煮に入れたり,五香粉の一味として使われる。…

※「陳皮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陳皮の関連情報