枳実(読み)キジツ

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

きじつ【枳実】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ミカン科ダイダイの未熟な果実を乾燥したもの。ミカンナツミカンといった類似植物も用いる。採取時期をやや遅らせたものを枳殻(きこく)ともいい、効能は基本的に同じ。自律神経を整える、健胃去痰(きょたん)心機能促進などの作用がある。不眠症自律神経失調症に効く温胆湯(うんたんとう)胃炎更年期障害に効く五積散(ごしゃくさん)便秘、便秘にともなう痔(じ)に効く麻子仁丸(ましにんがん)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きじつ【枳実】

生薬の一。ダイダイ・ナツミカン・ミカンなどの未熟果実を乾燥したもので、健胃薬に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android