測定顕微鏡(読み)そくていけんびきょう(英語表記)measuring microscope

世界大百科事典 第2版の解説

そくていけんびきょう【測定顕微鏡 measuring microscope】

顕微鏡の視野の中での長さ測定は,測定範囲および精度において制限がある。そこで,顕微鏡を固定して,品物の測定部の一端を視野内で位置決めし,品物を移動して他端を同様に位置決めできるように,別に移動させ,かつその移動量を測定できる装置を用意すれば,測定範囲が広くかつ精度の向上が望める。測定顕微鏡がそれで,図はその一例として示した工具顕微鏡である。テーブルは前後,左右の直角2方向に移動でき,座標値はブロックゲージマイクロメーターの組合せか,標準尺と測微顕微鏡の組合せで読み取る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android