コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工具顕微鏡 こうぐけんびきょう

1件 の用語解説(工具顕微鏡の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

工具顕微鏡【こうぐけんびきょう】

機械工作物や工具の長さ,角度,輪郭などを測る測定器。顕微鏡本体,光学系,測定物支持台などからなり,投影装置を備えたものもある。支持台はマイクロメーターで前後,左右に位置調整ができ,接眼装置には十字線を入れ測角のできる一般用のほか,ねじ山形が組み込まれ,ねじの角度やピッチの測定ができるものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の工具顕微鏡の言及

【測定顕微鏡】より

…そこで,顕微鏡を固定して,品物の測定部の一端を視野内で位置決めし,品物を移動して他端を同様に位置決めできるように,別に移動させ,かつその移動量を測定できる装置を用意すれば,測定範囲が広くかつ精度の向上が望める。測定顕微鏡がそれで,図はその一例として示した工具顕微鏡である。テーブルは前後,左右の直角2方向に移動でき,座標値はブロックゲージとマイクロメーターの組合せか,標準尺と測微顕微鏡の組合せで読み取る。…

※「工具顕微鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone