コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖出市十郎(1世) こいでいちじゅうろう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湖出市十郎(1世)
こいでいちじゅうろう[いっせい]

[生]?
[没]1800
長唄唄方。1世吉住小三郎および1世富士田吉次に師事,明和5 (1768) 年,湖出市十郎と称する。メリヤスを得意とする。天明4 (84) 年,江戸中村座の顔見世興行で地歌を江戸化したメリヤス『黒髪』を歌って名をあげた。なお,湖出市十郎は湖出派の家元名でもあり,3世まで続いたが,現在は絶えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

湖出市十郎(1世)の関連キーワードインド哲学定率減税水俣病第1次訴訟フィッセル辛酉教獄正祖勢道政治ドルトントレビシック吉雄耕牛

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android