コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湧別技法 ゆうべつぎほう

1件 の用語解説(湧別技法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湧別技法
ゆうべつぎほう

先土器時代の終末期近くに多い細石器は,細石核と呼ばれる石核からはがされた細石刃からつくられるが,この細石刃を準備するための技法。北海道東北地方などに分布する。原材料黒曜石などの原石を両面から加工し 10cm内外の大きさの両面加工の素材をまずつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の湧別技法の言及

【細石器】より

…日本の細石器は分布圏としてはモンゴル型細石器に属し,全国的に発見される。北海道を中心にした細石刃づくりには湧別技法が知られ,九州にはそれに近い西海技法があり,中間帯には舟底形石核や日本の細石器文化研究の足がかりとなった矢出川遺跡の細石核などがある。ただ九州地方では複雑な様相を示し,上場(うわば)遺跡ではナイフ形石器,台形石器,細石刃が共伴することが知られた。…

【白滝遺跡】より

…発掘調査は55‐60年に行われ,遺物の種類と出土状態からIとIIの文化層に分けられた。白滝II文化の石器群には両面加工のポイントと,湧別技法と呼ばれる特徴的な製作技術によって作られた白滝型舟底石器を伴うが,Iには伴わない。この特殊な技法による石器は,北東アジアからアラスカにかけて類似のものが分布し,それらの文化と密接な関連のあったことがうかがわれる。…

※「湧別技法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湧別技法の関連キーワード櫛目文土器細石器新石器時代先土器時代茂呂遺跡先縄文時代新石器先土器文化井島遺跡上場遺跡

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone