コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湮滅/堙滅/隠滅 インメツ

デジタル大辞泉の解説

いん‐めつ【×湮滅/×堙滅/隠滅】

[名](スル)
跡形もなく消えてしまうこと。また、消すこと。「証拠を―する」
隠滅にかくれて見えないこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の湮滅/堙滅/隠滅の言及

【証拠隠滅罪】より

…刑は2年以下の懲役または20万円以下の罰金(刑法104条)。刑法の表記現代化以前は〈証憑湮滅(しょうひょういんめつ)罪〉とよばれた。本罪は,国の刑事審判作用を保護しようとするものである。…

※「湮滅/堙滅/隠滅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

湮滅/堙滅/隠滅の関連キーワード証拠隠滅等罪加瀬白山古墳証拠隠滅罪犯人蔵匿罪証憑湮滅罪地方史罪証跡形湮没煙滅証拠大挙

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android