コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消す ケス

3件 の用語解説(消すの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

け・す【消す】

[動サ五(四)]
燃えている火をなくならせる。「たき火を―・す」「ろうそくを吹いて―・す」
電気機器のスイッチを切ったり、ガス栓をひねったりして、その働きを止める。「電灯を―・す」「ガスを―・す」

㋐ぬぐったり塗ったりして、今まで見えていたものを見えなくする。「黒板の字を―・す」「壁の落書きを―・す」
㋑姿を見えなくする。行方をくらます。「忽然(こつぜん)と姿を―・す」

㋐今まであったものを取り去ってなくす。存在や形跡をなくす。「証拠を―・す」「痛みを―・す薬」
㋑吸収するようにして、音やにおいなどをなくす。「話し声が騒音に―・される」「魚の臭みを生姜(しょうが)で―・す」
否定する。うちけす。
「何か手懸りは有りそうなものだねと、お京の言うを―・して」〈一葉・わかれ道〉
空いた時間を費やす。時間をつぶす。月日を過ごす。
「それ迄は何処(どこ)かに時間を―・さなければならぬ」〈森田草平煤煙
殺す。「裏切者は―・せ」
歌舞伎の用語。
下座音楽をしだいに弱めていって止める。
黒子などが舞台で不必要になったものを片付ける
非難する。けなす。
「その話は古いぞ古いぞと―・されければ」〈咄・露がはなし・一〉
10 (「肝(きも)をけす」の形で)非常にびっくりする。肝をつぶす。
「沖に釣する舟をば敵(かたき)の舟かと肝を―・し」〈平家・灌頂〉
[可能]けせる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きやす【消す】

( 動四 )
〔「きゆ(消)」の他動詞形〕
けす。 「白山の観音これ-・させ給ふな/枕草子 九一・能因本

けす【消す】

( 動五[四] )
目に見えているものをなくする。
火・光などを消滅させる。 「たき火を-・す」 「あかりを-・す」
文字・図形・文様・色などを、見えなくする。 「黒板の字を-・す」 「雪が足跡を-・してしまった」 「衣類の黄ばみを-・す」
スイッチを操作して、器械・器具のはたらきを止める。 「テレビを-・す」 「ガスを-・し忘れないように」
心や耳・舌・鼻などに感じていたものをなくする。また、感じないようにする。
音や声を聞こえなくする。磁気テープなどに記録された音やデータをなくすることにもいう。 「音を-・してテレビを見る」 「飛行機の爆音で声が-・される」 「録音を-・す」 「データを-・す」
記憶・感情や、匂いなどをなくする。感じなくする。 「記憶から-・す」 「匂いを-・す」
(「姿を消す」の形で)いなくなる。その場所から見えなくなる。 「ちょっと目を離したすきに、姿を-・してしまった」
人を殺す。 「仲間に-・されたらしい」
害毒を除き去る。 「毒を-・す」 「其の殃わざわいを-・すには真言秘密の効験にしくはなし/太平記 12
時間を過ごす。 「日月を-・す」
(「肝きもを消す」などの形で)心の平静を失う。 「今日もや舟にのり給ふらんと肝を-・し/平家 10
否定する。打ち消す。 「今云うた事は眠ねむた慰み、たは事なり、と-・して廻れば/浮世草子・新色五巻書」
けなす。 「京に来て良い事を見た目で大かた(=世間並)の事は、と-・されて/浮世草子・一代男 4」 〔「消える」に対する他動詞〕
[可能] けせる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消すの関連キーワード熱火熾す火坑正す火先乱す磨り潰す均す燃出す持古す

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

消すの関連情報