湯原奥津県立自然公園(読み)ゆばらおくつけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯原奥津県立自然公園
ゆばらおくつけんりつしぜんこうえん

岡山県北部,幽邃 (ゆうすい) な渓谷美を誇る湯原温泉奥津温泉の両温泉を中心とする自然公園。面積 199.56km2。 1970年指定。奥津には甌穴で知られる奥津渓があり,湯原には湯原温泉,郷緑温泉足温泉真賀温泉の諸温泉がある。湯原温泉から人造湖の湯原湖畔の霞ヶ丘へロープウェーが通じる。両温泉の中間にある鏡野町富の白賀渓谷も美しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android