コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯原奥津県立自然公園 ゆばらおくつけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯原奥津県立自然公園
ゆばらおくつけんりつしぜんこうえん

岡山県北部,幽邃 (ゆうすい) な渓谷美を誇る湯原温泉奥津温泉の両温泉を中心とする自然公園。面積 199.56km2。 1970年指定。奥津には甌穴で知られる奥津渓があり,湯原には湯原温泉,郷緑温泉足温泉真賀温泉の諸温泉がある。湯原温泉から人造湖の湯原湖畔の霞ヶ丘へロープウェーが通じる。両温泉の中間にある鏡野町富の白賀渓谷も美しい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

湯原奥津県立自然公園の関連キーワード奥津[町]神庭の滝真庭市上齋原勝山奥津中和

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android