コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥津渓 おくつけい

2件 の用語解説(奥津渓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥津渓
おくつけい

岡山県北部,鏡野町奥津にある吉井川上流の渓谷。国指定名勝。中国山地の隆起に伴う下方浸食の復活の結果,形成されたもの。奥津温泉付近にあり,特に大釣温泉付近にみごとな甌穴がみられる。付近の岩石段丘と甌穴は約 2kmにわたって続き谷底には奇岩が多く,特に秋の紅葉の頃は探勝者が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥津渓
おくつけい

岡山県北部、苫田(とまた)郡鏡野町奥津川西にある峡谷。吉井川本流の上流部、奥津川の延長約3キロメートルにわたり渓谷美に富み、段丘面には奥津甌穴(おうけつ)もある。紅葉の名所として知られ、国の名勝に指定。JR津山線津山駅からバスが通じる。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥津渓の関連キーワード奥津温泉岡山県苫田郡鏡野町入岡山県苫田郡鏡野町大岡山県苫田郡鏡野町奥津奥津〈町〉岡山県苫田郡鏡野町奥津川西岡山県苫田郡鏡野町岡山県苫田郡鏡野町杉岡山県苫田郡岡山県苫田郡鏡野町箱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥津渓の関連情報