奥津(読み)おくつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥津
おくつ

岡山県北部,鏡野町中部の旧町域。中国山地の南斜面にある。 1959年苫田村,羽出村,奥津村の3村が合体して町制。 2005年村,上齋原村,鏡野町と合体し鏡野町となった。山地が多く,農林業が主産業で,特に和牛飼育は古くから盛ん。吉井川上流の奥津温泉美作三湯の一つ。奥津渓には甌穴をはじめ転石,天狗岩などの奇景が多く,国の名勝に指定されている。付近の大神宮原高原にはスキー場がある。大部分が湯原奥津県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥津
おくつ

岡山県北部、苫田郡(とまたぐん)にあった旧町名(奥津町(ちょう))。現在は鏡野町(かがみのちょう)の中部を占める地域。旧奥津町は、1959年(昭和34)奥津、羽出(はで)、苫田の3村が合併して町制施行。2005年(平成17)鏡野町、上斎原(かみさいばら)、富(とみ)の2村と合併、新たに鏡野町となった。旧町域は、吉井川上流域にあり、谷底平野以外は山地。吉井川沿いに国道179号が縦貫する。山間部には砂鉄採取のための鉄穴(かんな)流しの跡が多く、旧羽出村には木地師(きじし)集落もあった。吉井川沿いに奥津温泉があり、温泉の2キロメートル下流には国指定名勝の奥津渓がある。1973年、隣接の上斎原村などとともに当時の運輸省から奥津観光レクリエーション地区に指定された。しかし旧町域最南部に建設省(現、国土交通省)が苫田ダムを計画したため、町は、谷底水田の大部分が失われるとして、1959年ダム阻止特別委員会条例を制定し、計画に対抗した。その後1994年(平成6)に条例は撤廃され、ダムの建設工事は進められた。住民の根強い反対もあったが、ダムは2005年3月に完成、330ヘクタールの土地がダム湖(奥津湖)に沈んだ。[由比浜省吾]
『『奥津町十年の歩み』(1970・奥津町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おくつ【奥津】

岡山県中北部、苫田郡鏡野町の地名。奥津温泉がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥津の関連情報