湯口竜淵(読み)ゆぐち りゅうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯口竜淵 ゆぐち-りゅうえん

1763-1833 江戸時代後期の儒者。
宝暦13年生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。藩校御学館(のち明徳館)でまなび,教授となる。ついで京都の皆川淇園(きえん)らに入門し,帰郷後は私塾三畏堂をひらいた。天保(てんぽう)4年3月19日死去。71歳。名は嗣久。通称は正(荘)司。別号に午睡廬。著作に「百家史子自鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android